長距離の引越しをする場合の価格の安い部分をくらべました

新しい家への引越しでは多々決める事があります。新しい部屋に合わせて家具を買ったり、電化製品を買ったり、買い物も増えます。今使ってるものをそのまま使用する場合、持ち運ぶのに大きいものや、重たいものを運ぶときは、業者に頼むことが多いと思うます。そこで助かるのが「引越し業者」です。世間では、たくさんの引越し業者があります。引っ越し費用は色々掛かるので、少しでも安く抑えたいのが本音だと思います。そこで長距離の引越しをする場合に安く抑えられる業者を探してみました。そんな時に役に立つのは、携帯の無料見積もりのサイトだと思います。簡単の引越し見積もりをを入力をして、数社の見積もりが出てきます。大手の業者から人気の引越し業者まで100社以上から比較する事の出来るサイトもあります。自分で比較をして、気になる業者に連絡を取ります。自分で引越し業者に連絡をして見積もりを出してもらうのは、とても面倒です。無料見積もりサイトを使用すると一括で複数の業者と比較する事が出来、お得に引っ越すをする事が出来ます。私が使用したサイトでは、最大10社の見積もりと比較する事が出来ました。その中で自分が気に入る条件の業者に引越しをお願いする事が出来ます。

引越しの際の電気変更手続きについて

引っ越しに伴ってやっておかなければいけない事がたくさんあります。その中で、忘れがちになってしまいがちなのが、電気の手続きになります。引っっ越しが決まったら、電力会社に連絡をします。連絡は最悪、当日でも対応してくれますが、余裕を持って、1週間から2週間前までには、終わらせておきたいものです。電話やホームページから手続きができますが、ホームペジからの手続きは、引っ越しの、3日前からでないと手続きができないため、電話で行うのが確実です。その際に、聞かれる必要事項がありますから、準備をしておくと良いです。聞かれる内容は、契約者氏名・現住所・お客様番号(領収証や電気使用量のお知らせに記載)・引越し日時・引越し先住所及び電話番号などです。電気料金は、引越しの日までの日割りになります。支払方法は、現地に電力会社の人にきてもらって、直接支払う方法がありますが、予め予約をしておかなければ来てもらうことができないので、注意が必要です。その他には、口座振替・クレジットカード・請求書払いなどがありますから、ご自身の都合に合わせて選ぶことができます。引越し先では、ブレーカーと漏電遮断器のスイッチを入れ使用できるようにして、電気を使用し始めたら、「電気使用申込書」に必要事項を記入して、ポストに投函するか、電力会社に電話して手続きを行います。

面倒な引越し手続きを一括でできるサイトを利用しよう

引越しをすると電気、ガス、水道、新聞など様々な変更をすることになります。手続き一つごと氏名や住所など入力することになり、とても手間がかかる作業となります。しかも、引越しの準備と並行して行わなければいけないため、かなりの労力を必要とします。それが一度登録で一括してすべての変更手続きができてしまったら、どんなに楽でしょう。その楽な方法を紹介します。一括手続きが出来る便利なサイトがあるのです。まず、現在の住所と引越し先の住所を入力します。次に、対応している業者の申し込みフォームに入力します。電気などの停止の手続きの際は、手元に電気などのお客様番号が分かる書類や伝票を用意しておくとスムーズにできます。また、停止と開始の連絡が同時にできてしまいます。すべての入力後、ワンクリックで送信するだけです。ネットで出来るということは24時間利用が可能ということです。お仕事で忙しい方も、この方法でしたら家で都合の良い時にできるので助かります。引越す予定日30日以前よりの申し込みが可能ですので、時間のある時に登録しておくとよいです。この一括手続きのサービスを対応している地域は東京都、埼玉、千葉など関東を中心とした地域ではありますが、今後は全国へと増えていく予定になっています。

引越し祝いの場合、のしの表書きの書き方

生活をしていく中で、のし袋やのし紙を付けてお祝いを贈ることが年齢と共に増えてきます。
水引がついていますが、その意味はご存じでしょうか。覚えておくと恥をかかずに済みます。結びきりといって、一度結んだらほどけないものと、蝶結びという、何度もほどいて結べるものがあります。結び切りは、二度とないようにという意味で結婚や病気見舞いやお悔みに使われます。蝶結びは何度も繰り返しても良いという意味で入学や出産祝いなどに使われています。引越し祝いも種類があり、表書きが変わります。新築した場合は、御新築御祝や御祝とします。中古住宅やマンション購入の際は、御新居祝や御引越御祝にします。就職や入学した方には就職御祝や御祝とします。栄転での場合は祝御栄転や御祝、転勤は御餞別になります。水引は結婚で引越しの場合のみ、結び切りののしにして下さい。お店でのし紙を付けてもらう際は、結婚で引越し祝いにしたいなどと伝えれば、それに合ったのし紙と表書きを用意してくれます。姓名も書いてくれるお店もありますが、自分で書く時は、中央に表書きよりも少し小さく姓名を書いて下さい。祝儀袋は、上向きのおめでたいことを表す為に、外側の裏の折り方は下側が上になるように重ねて水引で止めます。

 

更新履歴